FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れないのがつらい!


img201.jpg


こんにちは。

兵庫県 西宮市 門戸厄神 骨盤矯正専門ひこばえ整骨院の横溝です。
今回アンケートにご協力いただいた方はこういった症状でお悩みの方でした。

【悩み】
首を動かすと痛みがでたり、夜眠るときに首や肩のコリ、ふくらはぎのむくみで寝着くまでに時間がかかり、長い日では2~3時間ストレッチをしてやっと寝れるくらい。朝起きても疲れが取れておらずつらい。
【治療の目的】
スムーズに寝つけるようになりたい。
【当院で行なった初診時の検査・診断・施術内容】
・検査
骨盤、体全体の歪みの検査、立ち姿勢、座り姿勢の確認、首の前後左右の動き、肩関節・股関節の動きの検査を行ないました。
左右の肩の高さのずれ、骨盤の開きがあり、姿勢が猫背になりやすく首の位置が前に倒れてしまっている状態でした。首を後ろに倒す動きと左右に捻る動きが少なく、正常だと後ろに倒す角度は50°、左右の捻る角度は60°動くはずのところ、後屈30°、回旋20~25ほどしか動いていませんでした。
・診断
検査の結果から、普段の姿勢で座ることが多く、その際に首が前に倒れている状態になり首~肩にかけての筋肉に負担がかかりやすくなる為、凝りやすかった。そのまま疲労が回復せず筋肉の動きがどんどん少なくなり、動かすと痛い、凝りが気になって眠れない、という状態になっていた。
首が前に倒れる事によって背中が丸くなり、背中の筋肉にも緊張がきつく、背筋が伸びにくくなっていた。
骨盤の開きは産後から3年経ち、産後直ぐに矯正をしていなかったため開きっぱなしとなり、下半身の血液循環を悪くさせ、むくみがきつくでていた、と判断。
・治療内容
首~背部にかけて筋肉の緊張がきつくでていたため、まずはそこを中心に筋肉の緊張を緩めるよう施術。
猫背になっていたせいで動きが悪くなっていた肩甲骨周りの筋肉に動きをつけるよう矯正。施術中に左背部の緊張が特にきつかったため、胃の調子も良くないのでは?と確認した所、ここ最近胃もたれがひどい、ということも判明。予期せぬ関連からの発見に本人も驚かれていた。
骨盤周りの筋肉を緩め、骨盤矯正で開きを整えるよう施術。
【術後の状態】
肩の高さ、骨盤のずれは改善。首の重だるいコリ感も軽減した。首の動きも正常範囲まで動くよう改善した。
今の状態を維持してもらうために、普段の座る姿勢と家事中の立つ方の姿勢について指導、ストレッチで優先して行うものを2つ指導して次回案内を行なった。
【2回目の治療】
初診日から4日後。施術を受けた日から3日は眠れたが、昨晩にまた寝つけなかった。初診日以降胃もたれはなくなったとのこと。首の動きはまだある状態。姿勢を確認すると、初診日よりましではあるが肩の高さに若干のズレがあり、まだ首の位置が前よりであった。骨盤の開きは右側だけまた開いている状態だった。
前回同様に施術、矯正を行なう。この日は姿勢の気を付けるポイントを首の位置に絞って指導。
【3,4回目】
この日までなるべく間隔を空けずに4日おきに来院してもらう。初診から4回目の治療の際に、首の重怠さもなく眠れている日が継続できた。姿勢を確認すると、肩の高さのずれはなく、肩甲骨の位置が少し後ろに引けてきて、良い姿勢を維持出来る様になっていた。骨盤の開きも改善された状態で維持。
食事中や作業中の姿勢がやはり丸くなってしまっているようで気になる。今月からしばらく忙しくなるため、またしんどくならないか不安。
この日は、寝るときに枕をしていなかったそうなので、タオル枕の方法を伝え、実践してもらう。胸の前の筋肉を伸ばすストレッチを追加で指導。次回案内は1週間後。
【5、6回目】
この間治療頻度は一週間ごと。2~3時間寝つけない日はなくなり、多少寝づらくても軽くストレッチすると寝やすくなっている。タオル枕も継続中。途中体調を崩したが、睡眠には差し支えなかった。足の怠さもまし。
体調を崩したせいか、背中の緊張がややきつかったが、初回ほどにはなっていなかった。
肩甲骨の位置も意識すると綺麗になってきたが、忙しくなるとまた戻っている。肩甲骨と同時に首も前に倒れやすくなる。
このころには首を動かしての痛みは出なくなっており、重怠さが残る程度。
深呼吸して姿勢を整え、肩の力を抜きやすくするよう指導。この日院内パンフレットで気になっていたというサプリを購入。
【7,8回目】
サプリを飲みだしてから朝起きがだいぶ楽になっている。忙しくなり食事がおろそかになってしまっていたから丁度良かったと喜ばれていた。
睡眠も順調にとれるようになっていたが、子どもをプールに連れて行った際に、ずっと見ていなければならず、その日の晩からまた首~肩にかけて痛みが出ていた。首をひねると増強。
術後痛みはなくなり、動きも戻った。
次が最後の治療となり、順調に睡眠もとれるようになっているが、またこんな風になにかをきっかけに痛みが出ないか不安があるとのこと。
【最後の治療日】
子どもの抱き上げが多くあり、腰に若干痛みを感じた。また首にも動かした際に痛みではなく、つっぱり感がでていた。睡眠はまだ大丈夫。
下半身の筋肉に張り感がややきつくでており、それによって腰の筋肉にかかる負担が強かったため痛みがでた。腰の筋肉が硬いことで背骨全体の動きが悪くなるため、首にもつっぱり感がでた。
術後には改善。体のバランスのズレもなくなり、姿勢も安定して睡眠もとれているが、仕事が忙しくなっていることもありまた再発する不安感があるため、2週間に一回のメンテナンス整体コースに移行して治療を継続中。


【まとめ】
最初は首のコリ感や眠れない、という症状だけであったのが、治療を受けてみると意外な場所にも不調のサインが出ていて、それに気付けたことが嬉しかったとおっしゃっていました。眠れない、疲れが取れないという日々が続いていたせいで、やる気も起きず、気分も鬱々としていたそうです。
今までもクイックマッサージなどに行っても翌日には元通り…、と諦めていた部分もあったようです。
原因が凝りだけでなく、歪んでしまっていた普段の姿勢にもあったため、マッサージやストレッチなどの力だけではどうにもできなくなっていたんですね。
しっかり原因を見極めて改善していくことが、ご自身の体の為の一番の解決策です。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。