FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前着ていた洋服が着れるように!

IMG_1937.jpg


こんにちは(^^)

兵庫県 西宮市 門戸厄神 骨盤矯正専門ひこばえの横溝です。


今回の方はもともと肩の痛みで整体に来られていた方です。
【悩み】
2〜3年前から太ってしまい、それまで着ていた洋服がきつくなった。
動きづらくなってきた。
【目標】以前着ていた洋服を着たい。

【初回カウンセリング】
以前はジムに通い、決まったレシピ通りの食生活やサプリメントで減量できたが、今は体も痛めてしまって運動ができない。減らしたいのになかなか減らなくなってしまった。
体脂肪率がそのときから比べるととんでもないことに。
家での食事は気にしているけれど、外食になることもあるため、そのときはカロリーが多くなる。
お酒を飲むのが好きで、毎日何かしら飲んでいる。そのときにおつまみも食べてしまう。さらに夕飯の後に甘いものを食べてしまうこともある。

【自宅での指導】
まずは食事の内容から。
朝はパンとコーヒー、お昼は前日の残り物やインスタント、夜はおかずとビールでお米は食べない、という状態でしたので、
お昼のインスタントはやめておかずか糖質の低い食品に。
甘いものやおつまみはできるだけ控えて。
ビールではなく、ワインか焼酎、ハイボール。
1日の水分摂取量を1リットル以上必ず飲む。

まずはできるものから変えてみましょう、ということで以上を実践してもらう。

【2回目の指導】
炭水化物を減らすことはかなりできていました。一週間で1㎏ほど落ちていて、しんどい感じもないということでした。
水分を摂ることが難しく、午前のお仕事中は飲む暇もない状態だそうで、お仕事が終わられてから飲むのでギリギリ1リットル越えるかな、というところでした。
ダイエットを始めた時期がちょうど忘年会シーズンだったこともあり、今月は飲み会が多いとおっしゃっていて、週2,3回あるときも。
食べ物は必ず食べ順を意識して、ゆっくり咀嚼することで満腹感を得られるようにすることと、お酒はハイボールをメインに飲むように。同時にお水ももらって飲むようにしましょう、とアドバイスさせてもらいました。



【3〜4回目】
ダイエット開始からだいたい一ヶ月くらいで実感できる変化がじわじわ現れてくるため、これくらいの時期に少しずつズボンのはき心地が変わったことに気づかれていました。
12月末までの忘年会シーズンにも関わらず、しっかり着実に体重も体型も変わっていきました。

【5〜8回目】
このころから若干の停滞期に入りましたが、減らないことが気になって食べる量が自然と少なすぎていたり、栄養のバランスが良くなかったりと、少し崩れてしまっていたので、食べる量はあまり変えずに、色味のある食材を選んで食べるようにとアドバイスして見直していただきました。
あとはこの時期食べる量は少ないですが、揚げ物とアルコール、という消化によくない食べ合わせになっていたので、そこも気をつけるようにお伝えしました。
そうすると、動かなくなっていた体重もまた少し変化が出るようになり、ウエスト周りの変化が確実に実感できるほどになりました。

【9~12回目】
減った状態で落ち着いてきた体重に合わせて、太ももやおしりも以前に比べてだいぶすっきりしてくれました。
履けなくなっていたズボンも履けるようになり、仕事着の制服にも余裕が出てきたとのことでした。
ご友人にも「痩せた」と言ってもらえたそうです。

【最後に】
減らしたかったのは単純に体重が、というわけではなかったため、太って気になっていた太もも周りやウエストにもしっかり変化が感じられて大変嬉しく思います。
妹さんが施術で通院中なんですが、妹さんも変化に気付いてくださったようで「痩せましたよね」とおっしゃっていました。ぜひご本人にも言ってあげてほしいですね。
アルコールは飲むものを選んで食べ合わせを考えたら、ダイエット中でも楽しめます。
もうすこし、気を付けるのは続けてもらって今の減った状態をキープしていただきたいですね。


Q1.骨盤ダイエットを受ける前にどんな事で悩んでいましたか?
2,3年前から徐々に太り始めてそれまで着ていた服がきつくなったり腰や足が痛くなったりしていた。

Q2.知ってからすぐに申し込みましたか?申し込まれなかった方はどんな不安がありましたか?
知っていましたが、ダイエットよりもまず腰の痛みを治した方が良いと思った。
整体の時に両方同時にできると言われていたのでやってみようと思った。

Q3.似たようなサービスがある中で、何(どこの部分)が決めてとなって申し込みましたか?
私の場合は腰痛もひどかったので整体と一緒にできるという事で申し込もうと思いました。

Q4.実際に骨盤ダイエットを受けてみて、具体的にどの部分が良かったですか?
毎日の食事の記録で、目でわかるので気を付け易かった。先生からの提案が具体的でわかり易かった。施術中は気持ち良かった。
Q5.骨盤ダイエットを受けてみて元々あった悩みはどうなりましたか?感想をお聞かせください。
体重も減りましたが、太腿や腹囲も減っていたので前の洋服が着られるようになった。
腰の痛み足の痛みが軽減した。友人にやせたと言われた。

一言:骨盤ダイエットに申し込むか迷っている、同じような悩みを持っている方に一言お願いします。
自分だけではとても強い意志がなければ続けるのは難しいですが、先生のアドバイスを聞きながら通院をすると続け易いと思います。




MK様

スポンサーサイト

出張で伺いました産後で背中痛で眠れなかった方です

YO様
img290.jpg
出張で伺いました産後の骨盤が気になり、背中が痛いという悩みの30代の女性

【悩み】


・産後一ヶ月で骨盤を早く整えたい。

・背中に常に違和感があり、背伸びや朝起きるときにも痛みがある。

・腰痛は時々感じる。

・筋肉がすっかり落ちて疲れやすくなった。

・仕事を復帰するまでに体を整えたい。

この様な悩みがありました。


【検査】


・肩と骨盤の高さの左右差→両方とも左が下がり。

・脚の左右の開きと長さの左右差足が外側に大きく倒れて、右足が短かった 。

・立ったときと、うつぶせのときの反り腰チェック→指が動くほどの反り。

・座って体をねじる腰の動きのチェック→左右ねじる角度が浅く30°くらいで止まり、特に右にねじりにくい。

・座って肩の上げ方→右肩が上がりにくい。

・体の捻じれ→左が前にでている捻じれがあり。

・触診では肩から背中がフラットで湾曲が少ない。


【診断】


右足が左足より短かったのと、上半身のバランスが左下がりのため、右重心で立つ癖があるとみられました。また脚の開きと長さに左右差があり、左前の捻じれがあるため骨盤に歪みがありました。さらに肩の動きと腰のねじれが悪く、肩腰周りが固まって動きが出なくなっていました。体全体のバランスが悪いうえさらに肩と背中がうまく使えていないため、抱っこする時などに過剰に負担がかかって痛みが出ていたと診断。それによって痛みが出ていると判断しました。


【治療内容】


上半身、特に背中を中心に固まってしまった筋肉を緩め、上半身を支えているお尻部分に柔軟性をつけていくようにしました。

背中に張りついてしまっている肩甲骨を動かせるようにもしました。肩甲骨の動きがとても悪かったので肩こりや腰に負担をかけていました。


【自宅での指導】


仰向けになって片足ずつ胸のほうに引き押せ、お尻まわりの伸ばしながら骨盤を調整するストレッチを一つ。

姿勢ではお腹を引っ込めて上に伸ばすようにして、骨盤を立たせるように意識してもらうようにしました。

まずはこの2つを次までに重点的におこなうようにしてもらいました。


【術後の状態】


かなりの固まり具合ではありましたが、肩の上がりと腰のねじる動きが広くなりました。肩と骨盤の左右差も軽くなりました。

筋肉も落ちてしまっているので、今の改善された状態を維持するのも楽ではなさそうでもあるため、次回は期間を開けずに施術をすることにしました。


【2、3回目の治療】


背中の痛みは少し軽減されていました。背中腰よりも腱鞘炎の症状が出始めていて手首の痛みが辛いとのことでした。手首のテーピングをしてできるだけ動かさないようにしてもらいました。抱っこをするときなど手首の力は抜いて肩背中を動かく意識でするように伝えました。


【4、5回目の治療】


腹筋をつけるために筋トレを始められました。腰に負担がないように気を付けながらされています。ストレッチも意識してできているようでした。自覚はないものの、肩甲骨に動きがでてきました。腱鞘炎は波があるようでドラッグストアーで購入されたサポーターが肌に合わなかったのでテーピングに切り替えてもらいました。


【6、7回目の治療】


テーピングも合わなく固定ができず、ハンドソープが押せないくらい痛みがありました。普段の動作で難しいですが手首の力を抜く意識を忘れないように伝えました。力を抜いても物は持てるのです。その練習としてスーパーの袋を持っている時など、ふぅと脱力して感覚を覚えてもらうようにしました。あとダンベルの筋トレは控えるようにお願いしました。


【8,9回目の治療】


全体的に体のラクさを感じられるようになりました。腱鞘炎もましになっていましたが、痛さは残ったままです。

当初の悩みである骨盤の歪みと背中の痛みが改善されてきました。筋トレも慣れてきて、ストレッチもできているため、9回で治療を終了しました。追加のストレッチと筋トレで気を付けることなどを伝えて終えました。


【まとめ】


ほぼ1週間ごとに施術ができ、体が元の辛い状態の時に戻る前に進めていけたので、短期間で終了になりました。ストレッチなど意識もできていたのも良かったです。

赤ちゃんがすくすくと成長し、お母さんの体の調整も急ぎ足でした。

私もそうですが、体がラクになってくるとストレッチなど怠りがちになりやすいので、そこは忘れないようにしていきましょうね。



患者さん症例報告 産後7ヶ月で腰痛、ひどい時はふと体勢を変えようとするだけで痛みがあり、たまに頭痛がすると言う30代の女性

患者さん症例報告 産後7ヶ月で腰痛、ひどい時はふと体勢を変えようとするだけで痛みがあり、たまに頭痛がすると言う30代の女性




koe89.jpg



【悩み】


産後7ヶ月で腰痛が出ました。1ヶ月前に引越しをして、それから腰痛がひどくなりました。

ひどい時はふと体勢を変えようとするだけで痛みがありました。

肩甲骨から首にかけて凝り固まっている感じで、頭痛も時々あります。

産後の体型が気になります。

【治療の目的】


育児が辛くなるから。体の歪みが気になるから。産後体型が変わったから。この腰の痛み頭痛を改善してほしい

【検査】


肩の左右差、足の長さと開きの左右差、体の捻じれ、腰の動き、首の動き、肩甲骨の動きを確認

【診断】


以前の仕事が立ち仕事でもあり、そこからの腰の疲労の積み重ねの結果、体の歪みがでていたのが一番の原因でした。特に右側の筋肉(腰方形筋)が特にハリ感がありました。

おそらく仕事の癖で体の捻れがあり、右肩が左肩より前に出ていました。

体に歪みが出ていたので体の使い方が偏っていて痛みがでている状態でした。

【治療内容】


この方は自宅で出張整体を行いました。

腰と臀部、首と肩甲骨を中心に筋肉の緊張を取っていきました

そして歪みの出ている部分の矯正をして、体の軸を整える治療をしました。

【ストレッチ】


首の筋を伸ばす、肩甲骨に動きをつける、腰の筋肉を緩める

まずはこの3点から始めました。

子供さんが小さいのでできる限りの事だけでもしてもら様にしました。

初回は立ち方、座り方よりも体の疲労感がきつかったのでストレッチに集中してもらいまいた。

【術後の状態】


腰と背中のコリが軽くなりました。

歪みは鏡などで確認はできませんでしたので、自分の目で確認できることだけで行いました。歪みもかなり初回で改善しました。

【2回目の治療】


初回から今回までの間にご自身の姿勢の癖に気がつかれました。特に左の動きがなかった事がありました。

前回に伝えていたストレッチはされていました

抱っこをするときに右側でするためか腰の右側にはまだコリがありましたが、全体的にこりやはりは少し改善されていました。

だっこの時は仕方がないので、出来るだけ普段の立方の指導も同時に行いました。

【3回目】


左側の動きが極端に悪かったので左側を意識して動くようにというアドバイスを守られたためか、筋肉痛がありました。

それでもまだ右側のほうが筋肉の緊張はありましたが、

首のコリもましになっていき、全体的にかなりゆるんできました

肩と背中を開かすためと左右バランスを取るために、背中にタオルを敷いて寝転がることをストレッチに加えました。

【4回目】


休日に抱っこひもで長時間過ごしていたため、腰に痛みが出ていました。

首と肩がかなり凝っていて、また右側に張りがありました。

肩甲骨を動かすストレッチを二つ加えてしてもらうようにしました。

まだ体を使うと負担やしんどさがあるので若干の不安定感はありました。この不安定感を改善するのが一番の治療になります。

【5回目】


子供さんが風邪をしいてしまい、抱っこが多くなりました。

自覚では右側が辛かったようでしたが、実際は左側に疲れがたまっていました。

特に首の付け根にコリができていました。

それでも腰とお尻のこりは戻りきっていませんでした。この時点で体の疲労感よりも回復の方が上回っている証拠です。

こうなると体はいい方向に向かいます。


【6回目】


全体的に痛みも違和感も自覚症状はありませんでした。

首肩に少しコリはあったものの、全体的にとても良好で筋肉の緊張が取れていました。

痛みもこりもほぼなくなっていたので一度ここで終了しました。

【まとめ】


体の歪みがはっきり出ていましたがバランスが整い、痛みが出にくくなりました。

ストレッチはまめにされていたので、痛みが出ても翌日に持ち越さなくて済んでいます。

そして、気になっていた体型にも変化が現れ、履けなかったパンツが入るようになり、2キロ減ったそうです!

食事の話も毎回聞いたり確認したりしていたので、その成果も出ました。治療をしながら食事、ストレッチはきっちりしたらとてもいい成果になりますよね。

嬉しいことがいっぱいで、終了いたしました。

西宮 産後2ヶ月半 立ち上がるときに腰に痛みが出るのが悩みの30代の女性

産後2ヶ月半 立ち上がるときに腰に痛みが出るのが悩みの30代の女性

【悩み】


産前産後から時々腰痛になりました。

長時間子どもを抱っこしているとき腰が痛くなる

立ち上がるときに痛みが出る。朝起きや椅子からの立ち上がり等の初めの動作が痛い。

今の腰の痛みを早く取ってしまいたい。



【治療の目的】


腰痛があると育児がしんどくなるから

産後で骨盤が歪んでいる感じがするから

猫背が気になるから



【検査】


肩の高さの左右差、骨盤の高さの左右差と捻じれ、足の長さと開きの左右差、体の捻じれ、腰の動きの確認

痛みが偏った状態になっていたので上記の様な検査を行いました。

【診断】


肩の高さに大きな左右差はありませんでした。

横に足を流して座る癖があるのも影響してか骨盤の高さの左右差が大きくありました。産後以前からの癖でその影響によるものも大きかったです。

体の捻じれもあり右側が前に出る癖がありました。左に回旋しているイメージです。

左右バランスが悪いのと骨盤の歪みで腰痛がおきる状態でした。


【治療内容】


背中と腰まわりの固まってしまっている筋肉とお尻の筋肉を緩めました。

痛みの原因は筋肉の過緊張と体の歪みのものなので、歪みを取るためにもまずは筋肉調整から始める様にしました。

猫背矯正のため肩甲骨を動かしやすいようにしました。子どもさんをよく抱っこするので猫背になっていました。出産間もないので姿勢も悪いままになっていたのでその矯正も行いました。


【自宅でのストレッチ指導】


量を多くすると日常に負担がかかるので必要最低限の事だけをしてもらいました。
腰を捻るストレッチと、肩甲骨を動かすところから始めました。体の回旋がなくなると筋肉と違う場所がとても頑張り負担がかかります。回旋を付けえる事で本来の背骨の動きを付ける事が可能です。そういう意味でも回旋を付けるストレッチを行ないました。


【術後の状態】


体に軽さが感じられるようになりました。全てが取れたわけではありませんが、体の動き自身もかなりついた

骨盤のバランスが整いました。初回でほぼ歪みが改善した。ご本人も痛みが改善したのがよくわかった感じでした。


【2、3回目の治療】


2回目は5日後、3回目は一週間後に来院されたのもあり、ストレッチも毎日されているのもあり、調子は良い状態でした。

腰のコリが少し感じるくらい改善しました。自覚症状としては足に疲れがでているくらいでした。

腰の回旋も出てきて当初の約半分以下まで痛みやしんどさが改善しました。

【4回目の治療】


二週間後に来院です。

腰、お尻と肩甲骨に左右差が出ていました。これは元々痛みが出ていた腰が部分が改善して、左右差が出てきた事によるのが原因です。逆に言うとここまでして体に感じる事は良いことなので腰痛や骨盤の歪み、体の歪みが改善されている証拠です。

但し、ほったらかしにしておくと痛みが分散するのでお尻を伸ばすストレッチを一つ加えました。


【5,6回目の治療】


この二回でほぼしんどさがなくなりました。違和感や痛みもほぼなくなりました

腰の動きも出やすくなりました。正常な状態とほとんど変わらない状態になったのでこ6回目で終了しました。特に気になることもないのでメンテナンスはおすすめせず、自宅でのストレッチで十分と判断しました。


【まとめ】


1、2週間の間隔で来院され、ストレッチもされていたので体が良い状態を保ち続ける事ができました。

赤ちゃんを抱っこして持ち上げるときに片足に重心をかけるのではなく、両足で立つ動作にも気を付けてられました。はやり治療だけでなく自宅ので気を付けてほしい事やストレッチをすると効果がありますね。こちらとしてもとても助かります。

最後は特にストレッチを増やすことなく、今の状態を保てるようにと、腹筋をつける簡単な運動をお伝えして終了いたしました。



IMG_2601.jpg
AYsan.jpg

眠れないのがつらい!


img201.jpg


こんにちは。

兵庫県 西宮市 門戸厄神 骨盤矯正専門ひこばえ整骨院の横溝です。
今回アンケートにご協力いただいた方はこういった症状でお悩みの方でした。

【悩み】
首を動かすと痛みがでたり、夜眠るときに首や肩のコリ、ふくらはぎのむくみで寝着くまでに時間がかかり、長い日では2~3時間ストレッチをしてやっと寝れるくらい。朝起きても疲れが取れておらずつらい。
【治療の目的】
スムーズに寝つけるようになりたい。
【当院で行なった初診時の検査・診断・施術内容】
・検査
骨盤、体全体の歪みの検査、立ち姿勢、座り姿勢の確認、首の前後左右の動き、肩関節・股関節の動きの検査を行ないました。
左右の肩の高さのずれ、骨盤の開きがあり、姿勢が猫背になりやすく首の位置が前に倒れてしまっている状態でした。首を後ろに倒す動きと左右に捻る動きが少なく、正常だと後ろに倒す角度は50°、左右の捻る角度は60°動くはずのところ、後屈30°、回旋20~25ほどしか動いていませんでした。
・診断
検査の結果から、普段の姿勢で座ることが多く、その際に首が前に倒れている状態になり首~肩にかけての筋肉に負担がかかりやすくなる為、凝りやすかった。そのまま疲労が回復せず筋肉の動きがどんどん少なくなり、動かすと痛い、凝りが気になって眠れない、という状態になっていた。
首が前に倒れる事によって背中が丸くなり、背中の筋肉にも緊張がきつく、背筋が伸びにくくなっていた。
骨盤の開きは産後から3年経ち、産後直ぐに矯正をしていなかったため開きっぱなしとなり、下半身の血液循環を悪くさせ、むくみがきつくでていた、と判断。
・治療内容
首~背部にかけて筋肉の緊張がきつくでていたため、まずはそこを中心に筋肉の緊張を緩めるよう施術。
猫背になっていたせいで動きが悪くなっていた肩甲骨周りの筋肉に動きをつけるよう矯正。施術中に左背部の緊張が特にきつかったため、胃の調子も良くないのでは?と確認した所、ここ最近胃もたれがひどい、ということも判明。予期せぬ関連からの発見に本人も驚かれていた。
骨盤周りの筋肉を緩め、骨盤矯正で開きを整えるよう施術。
【術後の状態】
肩の高さ、骨盤のずれは改善。首の重だるいコリ感も軽減した。首の動きも正常範囲まで動くよう改善した。
今の状態を維持してもらうために、普段の座る姿勢と家事中の立つ方の姿勢について指導、ストレッチで優先して行うものを2つ指導して次回案内を行なった。
【2回目の治療】
初診日から4日後。施術を受けた日から3日は眠れたが、昨晩にまた寝つけなかった。初診日以降胃もたれはなくなったとのこと。首の動きはまだある状態。姿勢を確認すると、初診日よりましではあるが肩の高さに若干のズレがあり、まだ首の位置が前よりであった。骨盤の開きは右側だけまた開いている状態だった。
前回同様に施術、矯正を行なう。この日は姿勢の気を付けるポイントを首の位置に絞って指導。
【3,4回目】
この日までなるべく間隔を空けずに4日おきに来院してもらう。初診から4回目の治療の際に、首の重怠さもなく眠れている日が継続できた。姿勢を確認すると、肩の高さのずれはなく、肩甲骨の位置が少し後ろに引けてきて、良い姿勢を維持出来る様になっていた。骨盤の開きも改善された状態で維持。
食事中や作業中の姿勢がやはり丸くなってしまっているようで気になる。今月からしばらく忙しくなるため、またしんどくならないか不安。
この日は、寝るときに枕をしていなかったそうなので、タオル枕の方法を伝え、実践してもらう。胸の前の筋肉を伸ばすストレッチを追加で指導。次回案内は1週間後。
【5、6回目】
この間治療頻度は一週間ごと。2~3時間寝つけない日はなくなり、多少寝づらくても軽くストレッチすると寝やすくなっている。タオル枕も継続中。途中体調を崩したが、睡眠には差し支えなかった。足の怠さもまし。
体調を崩したせいか、背中の緊張がややきつかったが、初回ほどにはなっていなかった。
肩甲骨の位置も意識すると綺麗になってきたが、忙しくなるとまた戻っている。肩甲骨と同時に首も前に倒れやすくなる。
このころには首を動かしての痛みは出なくなっており、重怠さが残る程度。
深呼吸して姿勢を整え、肩の力を抜きやすくするよう指導。この日院内パンフレットで気になっていたというサプリを購入。
【7,8回目】
サプリを飲みだしてから朝起きがだいぶ楽になっている。忙しくなり食事がおろそかになってしまっていたから丁度良かったと喜ばれていた。
睡眠も順調にとれるようになっていたが、子どもをプールに連れて行った際に、ずっと見ていなければならず、その日の晩からまた首~肩にかけて痛みが出ていた。首をひねると増強。
術後痛みはなくなり、動きも戻った。
次が最後の治療となり、順調に睡眠もとれるようになっているが、またこんな風になにかをきっかけに痛みが出ないか不安があるとのこと。
【最後の治療日】
子どもの抱き上げが多くあり、腰に若干痛みを感じた。また首にも動かした際に痛みではなく、つっぱり感がでていた。睡眠はまだ大丈夫。
下半身の筋肉に張り感がややきつくでており、それによって腰の筋肉にかかる負担が強かったため痛みがでた。腰の筋肉が硬いことで背骨全体の動きが悪くなるため、首にもつっぱり感がでた。
術後には改善。体のバランスのズレもなくなり、姿勢も安定して睡眠もとれているが、仕事が忙しくなっていることもありまた再発する不安感があるため、2週間に一回のメンテナンス整体コースに移行して治療を継続中。


【まとめ】
最初は首のコリ感や眠れない、という症状だけであったのが、治療を受けてみると意外な場所にも不調のサインが出ていて、それに気付けたことが嬉しかったとおっしゃっていました。眠れない、疲れが取れないという日々が続いていたせいで、やる気も起きず、気分も鬱々としていたそうです。
今までもクイックマッサージなどに行っても翌日には元通り…、と諦めていた部分もあったようです。
原因が凝りだけでなく、歪んでしまっていた普段の姿勢にもあったため、マッサージやストレッチなどの力だけではどうにもできなくなっていたんですね。
しっかり原因を見極めて改善していくことが、ご自身の体の為の一番の解決策です。
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。